育児休暇復帰後のタイムスケジュール(時短勤務)


育児休業復帰後のタイムスケジュール(時短勤務)




自分の時間が欲しい時は、5時前後に起床しています。
平日のブログ更新も早起きした時にしています。
しかし、職場復帰後は体力が落ち風邪ばかりひいているので6時起きがほとんどです。


朝ごはんは適当です。
おにぎり、お茶漬け、トースト、菓子パンのローテーションです。
それにバナナが付きます。
バナナ最高。
バナナありがとう。
けれど食べさせすぎたのか、娘はバナナに飽きちゃってます。
苺も飽きてきてるし、手軽で安い果物ないかな?どうしようかなーと悩んでいます。


ブログ更新する時間があるのなら、素敵な朝ごはんが用意できますね…。
私はできません。
食べないし。
なにより自由時間が欲しい~。


菓子パンはジャッキーのスティックパンをよく購入します。
トーストはジャムとバターです。
糖質脂質。


休日は娘とホットケーキを焼いたり、サンドイッチを作ったりしています。
元気がある日は、喫茶を併設しているパン屋に食べにいったりしています。
しあわせです。
元気がない日はジャッキーのスティックパン。


家事の分担はおおまかに。
園の帳面記入や、保育園の持ち物、ゴミ捨て(ゴミ集め)、備品購入、水回りの清掃などなど…
こまごました仕事は私の担当です。
担当というか、夫が適当すぎてあてにできません。



タイムスケジュールは夫の残業がない場合です。
夫は基本的には残業がありません。
ただ仕事量にムラがあるので、残業が続く時もあります。
そんな日はワンオペです。
世のお母さんにとっては当たり前になっている風潮のワンオペ。
私は、2日続くだけでクタクタ。
夫が激務なら私はパンクしていたかもしれません。

しかし同僚は
「夫は仕事で家にいない方が精神的に楽」
「夫がいるとストレスがたまる」
とよく愚痴をこぼします。
夫が家にいてほしい、いない方がいい、かは人間性によるものだと思わされます。


うちの夫は協力的ですが、それでも非協力的な動きを見せられるとイラついてしまいます。
いなかったら期待しないのですが。
目に見えて労働力の差が大きく出ると、イライラしてしまいます。


でも夫には感謝しています。
いつもありがとう。




就寝ですが、基本的には私と娘で寝ています。
夫の自由時間の確保のためです。

けれど、3人で眠ることが多いです。
みんな眠くなる。
夫は眼鏡をかけたまま布団にくるまって眠っています。




私の時短中の勤務時間は、8時半から4時までです。
9時15分からの勤務も選べたのですが、家事育児の負担がほとんど自分になりそうだな……と思ったので朝は夫に任せることにしました。
フルタイムになって増える負担が小さいのも利点です。


娘が3歳になる日から、17時までのフルタイム勤務になります。
保育園の迎えも夫がすることが多くなりそうです。

正直胸が痛いです……。
子どもに申し訳ない。
「行ってらっしゃい」も「おかえりなさい」も言えない。

働かないと先々の生活がなあ……不安。
夫も共働きを希望しています。

つぎの壁は小学生になった時ですね。

行ってらっしゃいだけでも言いたい。
家の近くの短時間労働に転職かな。
あるのかな、仕事。



保育園との位置関係はこんな感じです。

保育園との位置関係
*車は所有していません。


私の勤め先と保育園が離れているため、
園からの緊急連絡先は、夫の職場に設定しています。

昨年の呼び出しは、年に2回でした。
(娘の調子が前日から悪い段階で、どちらかが有給を使うか、義理の実家にお願いしています)

義理の実家へは月に1度位の頻度でお世話になっています。
頭があがりません。


フルタイムになれば、送迎はほとんど夫。
緊急連絡も夫。

夫の会社に 「嫁、死んでるのか?」 と思われそうです。


生活がなあ……(2度目)

会社も好きです。
周りから
「いらないっ辞めてほしいな☆」って空気を出されるまでは今は勤めるつもりです。



ランキングに参加しています。
押して頂けると書く励みになります。
にほんブログ村 子育てブログへ  
2017-03-18 18:19 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

年中風邪


年がら年中風邪をひいています。

わたしが。

子どもが風邪を引くと、ほぼ確実にもらっています。
原因は私の食い意地です。

子どもの食べ残しを
「もったいない」でついつい口へ……。
純粋に「食べたい」ときもあります。
外食時なんか
「残さないかな~」
と思っています。

それ、ちょっとちょうだいな


それで食べると、


うつる


まいかい、後悔しています。

いい加減学習しまして、子どもの食べ残しには手を出さないように気を付けています。





どんな味か知りたいだけよ。もぐもぐ。



ちなみに先週から風邪を引いています。

あー……

食べ残し食べた覚えがあるわ~。



ランキングに参加しています。
押して頂けると書く励みになります。
にほんブログ村 子育てブログへ  
2017-03-12 17:21 : 2歳 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

お母さんがわからない


女の子だから

穏やかに会話は終わりました。
10年前なら母親は怒り狂っていました。
ヒステリーに叫びながら、皿の2、3枚飛ばしてきたと思います。

母は重い更年期と鬱を患っていました。
そしてとにかく、私との相性が最悪でした。
親子でも性格は合いません。
どうしようもありません。
私はおそらく特性(発達障害)があるので母親も苦悩していたと思います。

母にも特性があると思います。
どこにいっても上手くいかないようです。

母の人生は

30代 「パート先でいじめられる!娘がおかしい!つらい!」
40代 「義母にいじめられる!娘がおかしい!つらい!」
50代 「隣人にいじめられる!義姉さんにいじめられる!義母にいじめられる!つらい!!!」

そして誘われるがままに新興宗教に入ったり(複数)頼まれるがままにお金を貸したりしていました。



「自分ばかりが被害者!私はかわいそう!」と泣く母が嫌いでした。
自分で決断せず、流されているだけの母親が嫌いでした。



そんな母親は最終的に拒食症になり、精神病院に入院しました。


それから十年間、大病などいろいろあり、母親は変わりました。
いま、母は私にとて優しくしてくれます。
もともと優しい人だったのかもしれません。
母は複雑な家庭環境だったので、愛し方がわからないようです。

幼い頃、とても大事にしてくれた記憶はあります。
「好き」「かわいい」などの言葉はないけど、大事にしてくれてました。


私が母親に寄り添い助けてあげられる性格なら、母親はもっとはやくに穏やかな日々を送れたのたかもしれません。
私がちゃんとした人間なら、実家はうまくいったのかもしれません。


でもそんなの無理です。
私はお母さんの子どもです。

母の性格が変わらなかったら、絶縁していたと思います。


私の家庭は、他の家庭に比べると甘いものだと思います。
つらい家庭で育った方々の苦悩は、計り知れないと思います。







ちなみに、父は遊び人なので家にほとんどいませんでした。






特性の話になりますが、娘のくーに引き継いでいないか心配です。
注意深く見ていきたいです。
私自身、人生がとても生きずらかったので療育が必要なら受けたいと考えています。


私のようになってほしくない。


ランキングに参加しています。
押して頂けると書く励みになります。
にほんブログ村 子育てブログへ  
2017-03-05 16:58 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

ブログ内検索

AD

プロフィール

アカリメープル

管理人 アカリメープル
人をイラつかせるのが得意です。
痛みに弱く、我慢強さもありません。

妊娠 → つわり苦しい
出産 → 陣痛っ痛い痛い
育児 → 乳首痛い

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: